Home > Archives > 2012-03

2012-03

「あの夏で待ってる」見終わって力尽き。

「あの夏で待ってる」を見終わって力尽きまして。
 見終わってすぐに感想文書こうと思い立った自分に「まだまだ枯れてないんだなぁ」と思ったりしましたが、作品から受けたパンチの衝撃が大きかっただけなのかもしれません。

 そもそも私はスタジオオルフェの作品が好きで、「R.O.D」とか「おねてぃ」とか「OVA Milkyway」(ぉぉぉ)とか。オルフェとはちょっと違うかもしれませんが、ダブルオーもエネルギー戦争を足がかりにして話が動いていたのが、何とも地に足が着いていて好きでした。

 で、かつて「おねてぃ」のまほ本とかを作っていた身としては「あの夏」が「おねてぃ」のフレームをタタキにしているのが露骨に判りまして、『柑菜が小石の立ち位置で、酬われない恋をして泣くの最初から決まっちゃってるじゃーん』と最初は視聴に消極的だったのですが、結局視まして、あー、うん、つらい。
 そして最終回で、おねてぃの2人が悲劇の別れをしたという感じの(断言はしてないので「感じの」)話まで聞いちゃって、あー、もう、つらい。つらい。

 そして最終回のエピローグ部分で強引にハッピーエンドに引っ張っていったあたり。作者は物語に対して神なので、神の強権で物語をいかようにも出来るんですが、今回は強引にねじ込んでいった印象が強くてあんまり好ましくは思えませんでした。途中までは「おねてぃの時みたいにDVD版でエピローグ付けるのかな」なんて思ってたんですが、さらに強引だったとは。

 私も昔「R.O.D」の小説同人誌を書いた時は、OVA版R.O.Dの話をフレームにして、ロシアの食料危機を練り込む所までは楽しく書いてたんですが、ナンシーさんとナンシー妹を如何に悲劇のヒロインにしないか、という所で苦しみまして、クライマックスは物語に対して神の強権を発動しました。見えている悲劇エンドを鉄の棒でも曲げるかのような気持ちで、ねじ曲げましたよ。いいことじゃないと思うんですけどね。でもそうするしかなかったんですよ。
(全然関係ないですがこのR.O.Dの小説同人誌、イラストが後のなるさわ景センセで、下巻裏表紙の写真のレイヤーさんがAICでアニメになった某眼鏡っ娘恋愛漫画の作者のお姉さんという贅沢な本でした。ただ、本文が面白かったという感想を聞いたことはないので、当時の自分の力不足だけが心残り。)

 まぁまぁ、「あの夏」の話に戻りまして、「最終回でおねてぃの2人が悲劇の別れをしたという感じの話があった」という点が悲しかったわけですよ。もうホントに。
 もちろん神が強権をふるえばそのエピソードすら引っ繰りかえせるはずですが、それはそれで腑に落ちないというか。強権をふるうにしても、未回収の伏線拾って上手に整えればカッコイイと思いますが、そんな事は滅多に起こり得ることでもなく。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > Archives > 2012-03

Search
Feeds
Meta
Links

Return to page top