Home > Archives > 2012-09

2012-09

巣鴨ですっぽん食べてきました。

◆じょしらくの話で盛り上がっていたら、ふと巣鴨の商店街をじっくりと回りたくなったり、すっぽんを試しに食べてみたくなったりしまして「すっぽん食べに行こうぜ!」と声をかけたら、えっちな漫画を描いてお金をもらっている友人と、えっちな事を考えてお金をもらっている人の合計2名が付き合ってくれました。
 前日の夜中に突然声かけたのにありがとう。

 5250円のコースで最初に出てきたのは、子持ち昆布とだし巻き卵とスーパーハイスープ。このスーパーハイスープ(※写真右上)というのは「すっぽんから出汁を濃厚に出した」というシロモノで、個人的な感想ですが生臭くて無理ムリむり。テーブルに醤油かショウガか何かあれば良かったのですが、調味料の類は一切無し。

 「これから出てくるものが全部こんなに生臭かったらどうしよう」と軽く恐怖を覚えましたが、スーパーハイスープが突出して生臭いだけでした。いやはや。

 すっぽんの肉は鶏肉に似た味、脂身は黄色がかった色がちょいとグロいものを想像しますが口に入れてしまえば鯛なんかの脂身みたいな味で普通。鍋と唐揚げは美味しくいただけましたが、塩焼きが若干生臭かったかも。

 雑炊は若旦那がついて作ってくれました。「飲み放題コースが安いから早稲田の学生も来る」「小学館・集英社のあつまりで貸し切りになる事もあった等々の話を楽しく聞かせてくれました。

 ちなみに座席はこんな感じ。

 ああ!アニメと同じ場所だ!

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

LEDキーライト「FENIX LD01」を買いました

◆LEDキーライト「FENIX LD01」を買いました。というのも、この数年LEDライトの進化がハンパないのです。

 豆電球の懐中電灯なんか話にならない程、びっくりするほど高出力・小型化が進んでおりまして、私も暗がりの探索からPCのメンテナンスまでフル活用している素敵アイテムに進化しています。


 んで、私自身はUltraFireのM5-Q5を愛用していたのですが、これがもう入荷のめどが立たない商品になって久しく、「壊れた時の代替機はどうしよう」と結構悩んでたんですよ。これだけ高出力のライトがポケットから出てくるってのは、やっぱり便利なので。

 とは言うものの安い物ではないので「FENIX E05」と「FENIX LD01」で結構悩んだんですが、今回は72ルーメン出るLD01に。
 お値段は下記参照。
・FENIX E05(http://www.amazon.co.jp/gp/product/B005Q60I8M/)

・FENIX LD01(http://www.amazon.co.jp/gp/product/B004DVIKC2/)

 元々UltraFire使ってたんだからUltraFireのラインナップから探したらいいじゃないという話もあるとは思うのですが、よくよく調べてみたらUltraFireってSUREFIREとかFENIXのパチもん作ってるパチもんメーカーだったんですよ。パチもんメーカーっていうのは造りが悪いわけですよ。購入後に一手間掛けてフォローができるならいいんですが、今使っているUltraFire M5-Q5にもネジ山の適当さとかLEDモジュールのトラブルみたいな片鱗は見え隠れしてまして、これ以上大きなトラブルになるとちょっとフォローできないので、UltraFireは回避。(改造前提ならUltraFire C2は評判いいみたいですが)

 じゃぁアメリカのSUREFIREの製品ならいいじゃないという方向になりがちですが、SUREFIREで使う電池はCR123ばっかりで単四なんか使いもしません。CR123はコンビニでも買えますがお値段が張りますし、電池が太いのでライト本体も太くなりがち。そんな訳でSUREFIREは回避。

 そうするとFENIXとなりまして、これを検索にかけると取扱店もレビューのblogもモリモリ出てくるので一安心。「単三か単四を使ってコンパクトで高出力な製品」という条件で調べていった結果、E05とLD01にたどり着いたと。
 
 
<その他雑多な情報1:Creeの型番の読み方>
こういった高出力LEDライトが普及したのはアメリカのCreeという会社が安価で高出力なLEDモジュールを生産している背景があるようで、大抵はCreeのどのモジュールを使っているかが表記されています。
型番は「モジュールの製品名+明るさのグレード」と読めばよくて、「XP-E R4」は「XP-E R2」よりも二段階明るいようです。

<その他雑多な情報2:中華はカタログ値を盛りすぎ>
「XP-G R5」は最高で300ルーメンほど出るのですが、350mAの環境で120ルーメン程度しか出ず、アルカリ電池だと300mA程度ですから100ルーメンそこそこ。しかし、中華のパチもんメーカーは「300ルーメン出力可能なXP-G R5搭載」って触れ込みで、あたかも300ルーメンきっちり出してくるような推し方をしてきます。
似たような話で、Amazonなんかでも1300ルーメンという触れ込みで売られているLEDライトがありますが「1300ルーメン出力可能なCREE XM-L U2モジュール搭載」という話であって、そのライトはせいぜい400ルーメン程度ともっぱらの噂。3アンペア叩き込んでも1000ルーメン出るかどうか?との話です。

参考サイト様。
p.himapa Photo Gallery
monolog: 測定再開:CREE XP-G R5 WC
LED懐中電灯 買物日記
Yahoo!知恵袋: フラッシュライトについて質問です。

◆2015年2月2日追記。
 壊れた。何かと便利に使っていたので寂しい。
 電池の液漏れ(ユニットに染み込んでいた感じではなかったが……)か、前日にネジにシリコンオイルを吹いたので、ポケットの中で回転してonになって、光り続けて熱でダメになったのか……。
 近いうちに後継機のLD02を手に入れたいところ。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > Archives > 2012-09

Search
Feeds
Meta
Links

Return to page top