Home > Archives > 2012-10

2012-10

肉の万世、最上階。

◆えっちな漫画を描いている友人から「(えっちじゃない漫画のアシスタントやってる)ヤツと一緒に行く予定なんだけど、行く?」というお誘いがありまして、久しぶりに行ってきました肉の万世の最上階「千代田」。三十路になった時に「せっかくだから自腹で肉の万世の最上階へ行こうじゃないか」と(えっちな漫画を描いている方の)友人と食べに行きまして、その時に奮発してシャトーブリアンを食べたら「世の中にはこんなに美味い物があるのか」と軽く感動した記憶のある思い出の場所です。

・前菜。うまい。

・シャトーブリアン3人前。これだけしかないのに意外にお腹がふくれる。スライスガーリックは鉄板の上でチップになります。

・アボガドと山芋とナスとキノコを焼いてもらいました。うまい。千代田は何を食べてもうまい。

・にくー。「久しぶりに食ったけど、うまいな」「うん、うまいな」「なんだろう、言い表しにくいんだけど美味しい」

・デザート。「あんだけしか食べなかったのに意外にお腹いっぱい」「そうなんだよねぇ」「脂がドンと来るのかね?」

 おいしかった。頑張って稼いでまた来よう。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

大泉学園駅前のピザ

◆大泉学園駅南口交番となりにあるイタリア料理屋「LION」でシチリアーナをテイクアウト。
 30cmで700えーん。(※箱代別途100円)
 オーダーしてから10分くらいで焼き上がってくるし、ここのピザ好きです。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

最近食べたラーメンなどを。

◆そういやラーメン屋で写真を撮ったりするんですが、誰に見せるでもなくHDDの肥やしになるばかりなので、棚卸しがてら載せて行きたいと思います。
 カフェ女子ばりに「ゆるやかに流れる時間。ほっと一息。(ドヤァ」とかやっていきたい所存。

・高田馬場「鶏そば 三歩一」
 薬味を加えるとコロコロと味が変わっていく面白いスープ。個人的にはゆず胡椒で香り付けした時が一番好きなので、もうちょっとゆず胡椒欲しい。

・高田馬場「さっぽろ純連」
 ゆるやかに流れる時間。ほっと一息。(ドヤァ
 どうも私の周りでは「純連派」と「えぞ菊派」が対立しがちです。

・池袋「暖」
 サファリとか一蘭とかのあの通りの端にある「暖」。ゴマ好きにオススメという触れ込みのゴマ担々麺ですが、辛さを4辛にしたらお腹がグルグルしました。嫌いじゃないけどお腹がグルグルする。

・池袋「節骨麺 たいぞう」
 「博多天神」の隣の隣にあるラーメン屋。

・池袋「まるきゅうらあめん」
 コアブックスの目の前にあるラーメン屋。日や時間帯によってスープのダシが変わったりして好き勝手にやっている印象。画像は裏そば「男の塩太そば」(※ほかは細麺)。店に貼ってある「嫁が子どもと逃げたので探しに行ってきます 店主」という張り紙がいつも気になる……。
 あとWebサイトのFlashでちょっと笑っちゃった。

・池袋「麺処 花田」
 サンシャイン60通りから1本入ったところにある花田。最近あのエリアにラーメン屋が密集してきてアツい事になってますね。天地返しとまではいかずとも、もやしと麺をよく絡めてから食べると大変美味しいです。

・池袋「とんかつ清水屋」
 「ビックパソコン館近くの富士そばのビルの2階」という大変わかりにくいロケーションですが、私の周りでは「清水屋でとんかつ食おうぜ」という声が定期的に上がる人気の店。画像はカツカレー大盛。

・大塚「チョモランマ山」
 ラーメンは食いにくくてあんまり好きじゃないけど、大餃子がでかくてうまい。
 ゆるやかに流れる時間。ほっと一息。(ドヤァ

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

大阪にも来た。

◆大阪にも行ってきました。
 写真は無いですが新世界の八重勝で串揚げを食べて「生麩というのが出てくるあたり独特だなぁ」と思いまして、その後は道頓堀あたりをうろうろしました。

・本家大たこ

・たこ焼き わなか

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

香川に来た。

◆香川と言えば、うどん。
 フランスのとある著名なシェフが来日の度に香川に寄ってうどんを堪能するなんて話があって「どんだけうどんが好きなんだよ」と思っていましたが、実際に行ってみたら納得。かけうどんからして店ごとに味が違ったり、チェーン店ではないファーストフード(うどんだけど)という点がヨーロッパ的だったりと、ヨーロッパ人に親しみやすい要素が多かったのではないかと思えました。

・池上製麺所の「釜玉」と「かけ」。

・日の出製麺所の「暖かいやつ」。麺の「暖かい・ぬるい・つめたい」の3種類から選んで、あとは各人かけつゆでもダシ醤油でも好きにかけてくれというスタイル。
 「さぬきの夢2000」というプレミアムな小麦粉を使用した1日100食限定のうどん。

・なかむらの「釜玉」、えび天(じゃこえびと魚肉のすり身)のせ。ダシ醤油がやたらと塩辛い。

・晩ご飯は居酒屋で、骨付鳥。塩と黒胡椒だけのストレートな味付け。若鶏が普通のチキンなのに対して、親鳥は肉が堅く締まっていて歯ごたえ充分。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > Archives > 2012-10

Search
Feeds
Meta
Links

Return to page top