Home > Archives > 2014-05

2014-05

第26回ファンタジア大賞受賞作品の

去年の今頃、いじマンの後輩の氷高悠が「第26回冬期ファンタジア大賞」で銀賞を受賞したという話を書いたのですが、その氷高の商業デビュー作「今すぐ辞めたいアルスマギカ」が10月18日に発売決定となったそうです。
 おめでとうー!!!!!
 
◆で、「ファンタジア大賞受賞作品」のサイトを見に行ったら、こうぐちさんじゃん!
 金賞の小説の挿絵書いてるのこうぐちさんじゃん!!!
 かれこれ5~6年お会いしてませんが、お元気ですかー? |ω・`)ノシ
 
あー……、もうビックリした。(w

「痛快!憲法学」(著:小室直樹)を読んだ

20140528

むなしの人にマンガの本を貸しましたらば、「借りてばっかじゃ悪いんで、この本貸すよ。なかなか面白かったよ」と「痛快!憲法学」を借りる事に。
 「まぁ一般教養で憲法やったかどうかも忘れちゃったし、読みやすいように作ってある本だし読んでみるか」と読み始めたら、平たく(※理解しやすいように専門用語を避けて)書いてあるのに、内容の濃いこと濃いこと。平たく書いてあるし問答形式で遊びがあるけど、思想の広がりと歴史の事件と重要人物の解説が無駄なく書いてあるので、意外にすぐお腹いっぱいになります。
 一般的な中学生でも読めるような感じで作ってある本なのに、読了するまで意外に時間がかかっちゃったい。

◆「痛快!憲法学」で知った事まとめ
・憲法9条第1項の元ネタは1928年に結ばれた「ケロッグ=ブリアン条約(不戦条約)」で、9条の規定はこの条約の引き写しといってもいいとの事。この条約の条文に「国際紛争解決の手段としての戦争」という表現が出てくる。
・そもそも戦争の放棄や武力行使の禁止を定めた憲法は1791年のフランス憲法を始めとして、1910年代のブラジル憲法・ポルトガル憲法・ウルグアイ憲法と続き、現在では何らかの平和主義条項が憲法にある国は120カ国以上ある。少なくとも「唯一無二の平和憲法」として日本国憲法を誇るような事はやめておいた方がいいという事。
・ベルサイユ条約はドイツの再軍備を厳しく制限したが、1935年にヒトラーは一方的に破棄して再軍備と徴兵制度の復活を発表した。その後も国連管理下のラインラントに陸軍を進駐させてドイツ領に復帰させ、オーストリアを併合し、ズデーテンラントを割譲させた。フランス軍はドイツを圧倒する軍事力を持ち、ヒトラーの蛮行を阻止する大義名分を持っていたにもかかわらず「平和主義」に縛られて動く事はなかった。「ラインラントのドイツ軍を蹴散らしていれば……」とチャーチルは苦々しく思っていた。著者は、戦争を忌避する「平和主義」が皮肉なことに二次大戦を招いたのだと主張する。
・明治憲法を作る際、伊藤博文は「憲法を制定するにあたってはまず我が国の『機軸』を定めなければならない。……ヨーロッパにおいて機軸となったのは宗教であるが、日本に於いては機軸となる宗教がない」と枢密院で演説し、「我が国にありて機軸となすべきは、ひとり皇室あるのみ」と述べたとの事。著者は、伊藤博文が資本主義化にあたって必要な「日本人は平等である」という意識の敷衍を「日本人は天皇の赤子」という建前によって成し遂げた、これは江戸自体から続く尊皇思想を天皇教とも言うべきものに変換したものだ、と言う。
 
 
学問の憲法の世界でこの著者の主張が主流なのかトンデモなのかは、門外漢の私には判断つかないので鵜呑みにする訳にはいきませんが、それをおいても中身が濃く明快で面白い本でした。

大王のドジオさん見た。

◆なるさわの人からドジオさんが電撃大王6月号に載ってると情報を仕入れまして買ってきました。電撃大王。
 
20140522_01
 
ホントだ、ドジオさん発見。
 
20140522_02

バッテリー充電器を買った

◆バッテリー交換したのに「んんwwwクラクション鳴りませんぞwwwww」という状況。

・走行中に鳴らしたら鳴るか? → 実用に耐える程度には鳴った。
・クラクションボタンの接点不良ではないか? → ボタンはバラしてピカールで磨いて接点復活材薄く塗った。
・バッテリーの充電が足りてないのではないか?

という事で、買いました。2,980円。
元々、乗らない時期にバッテリーを維持するためにも、欲しかったんですよね。
20140518

で、早速充電したワケですが、説明書では8時間程度かかると書いてあるのに2時間で充電終了。

不安に駆られながらバッテリーを車体に載せてクラクションを試したところ……鳴らない。
ボタンを離した時に消え入りそうな音で「ンポ」って辛うじて鳴るだけなんですけど、これなんなんでしょうね?

巷では、「水抜き穴からKURE5-56を吹き付けた後にボタン連打すると鳴るようになる」って方法があるようですが、5-56に電導性があるって聞いたことがないしオカルトなんじゃないかなぁと思っています。

次見るのは、ホーン本体の接点の確認かなぁ。
 
 
※9月14日追記。
「水抜き穴からKURE5-56を吹き付けた後にボタン連打すると鳴るようになる」という話ですが、バイク屋でホーンの調子を見てもらったら「水抜き穴からパーツクリーナー」を吹き付けてました。なるほど、パーツクリーナーがどこかで5-56に勘違いされたんでしょうねぇ。

カブ(C50)のバッテリー交換

◆先日、自賠責の更新の際に「ウィンカーが点滅しないのと、クラクションが鳴らなくなっちゃったんで見て欲しいんだけど」とバイク屋さんに言ったところ、「バッテリーがもうダメなんだよ」と即答。確かに超フカしてウィンカーを入れれば点滅するし、クラクションも鳴るしと、そんなデモンストレーションを見せられたら納得せざるを得ません。
 カブのバッテリーは寿命はおろか、何度かアゲてしまってまして、ほぼ死んでます。
 「点滅しないのは整備不良で切符切られるから、信号待ちの時は軽くアクセル開けておくんだよ。交通安全週間の時は特に」なんてアドバイスもいただいてしまいました。
 
 
んでまぁ、仕方ないのでAmazonでバッテリー買いました。2,800円。
こいつを載せ替えてやればいいわけですよ。
20140511_01
 
 
カブの右側面を開きますとバッテリーが入ってますので、上の10mmのボルトをメガネレンチでハズしまして、
20140511_02
 
 
こいつをズルっと引きずり出して、まず緑のコードを外し、
20140511_03
 
 
次に赤のコードを外して、新しいバッテリーを取り付け。
新しいバッテリーには赤のコードから付けて、次に緑のコードを付ければ感電せずに済むって寸法ですが、間違った順序で取り付けないようにコードの長さがちゃんと設計されてます。よくできてる。
20140511_04
 
あとは元に戻して、充電がてら近所を1周してくればおしまいと。

Home > Archives > 2014-05

Search
Feeds
Meta
Links

Return to page top